うつ病におすすめの在宅ワークは?無理せずできる仕事5選を徹底解説!

naruto

うつ病を患ってしまった場合、まずは心身共にしっかり休息を取るのが大切です。その後は仕事の復帰について考える必要がありますが、不安になる方も多いかもしれません。うつ病は完治するまでに時間を要し、さらに自分自身でも働ける状態なのかを判断するのが難しいでしょう。

そこで、当記事ではうつ病の方でも働きやすいおすすめの在宅ワークを紹介します。

自分のペースでできる仕事を紹介するので、うつ病でも働きたい方はぜひご覧ください。

うつ病の方におすすめの在宅ワーク5選を紹介!

それではさっそく、うつ病の方におすすめの在宅ワークを紹介します。今回紹介するのは、以下5つの在宅ワークです。

  1. 内職などの軽作業
  2. ハンドメイド商品の販売
  3. 写真の販売
  4. データ入力
  5. アンケートモニター

人とのコミュニケーションが発生しにくく、自分のペースでできる在宅ワークをピックアップしたので、ぜひ参考にしてください。

1.内職などの軽作業

うつ病の方におすすめの在宅ワークに、内職などの軽作業があります。

内職などの軽作業は、特別なスキルが必要なく、挑戦するハードルが低い仕事です。

単調な仕事が多いため難しい作業が発生しない場合が多く、無理なく続けることが可能です。

また、在宅で行えるため通勤の必要がなく、外出するストレスをあまり感じずに仕事に取り組めるでしょう。

2.ハンドメイド商品の販売

ハンドメイド商品の販売は趣味の延長でできるため、楽しさを感じながらもお金を稼ぐことが可能です。

ハンドメイドが好きな方は作業自体がストレス発散になり、自分自身にも良い影響を与えるかもしれません。

その後、商品を販売する必要がありますが、ハンドメイド商品の販売方法には以下があげられます。

ハンドメイド商品の販売方法
  • オンラインマーケットプレイスでの販売
  • 自分のウェブサイトやオンラインショップ
  • SNSを活用した販売
  • イベントでの販売

まずはオンラインマーケットプレイスに自分の商品を出品し、買ってくれるとネット上でマッチングする方法が取り組みやすいでしょう。

3.写真の販売

うつ病の方におすすめの在宅ワークとして、写真の販売があります。

元々写真が趣味の方は、自分が好きな風景を撮影することでリフレッシュできる効果も期待できるでしょう。

撮影した写真の販売は、ネット上で行えるため自宅で作業できます。写真を販売できるサイトは以下のとおりです。

写真を販売できるサイト
  • PIXTA(ピクスタ)
  • 写真AC
  • Shutterstock(シャッターストック)
  • Snapmart(スナップマート)
  • Adobe Stock(アドビストック)
  • photolibrary(フォトライブラリー)

4.データ入力

データ入力も内職などの軽作業と同じく、特別なスキルが必要ないため、初心者でも挑戦しやすい在宅ワークです。

単純作業のため集中でき、ストレスを感じることなく作業に取り組めるでしょう。データ入力にも様々な種類がありますが、はじめは数字や文字の入力のみの仕事を探すのがおすすめです。

中には、電話しながらデータ入力しなければならない仕事もあるため、慣れるまでに時間がかかる可能性があります

案件に応募する際は、自分にも挑戦できる内容かの確認が大切です。

5.アンケートモニター

アンケートモニターとは、アンケートに回答するとポイントや商品券がもらえる在宅ワークです。

自分の好きな時間に取り組めるため、自分の気分や体調に合わせられるのが最大のメリットです。

アンケートに回答するだけで報酬がもらえるので、複雑な作業や思考が求められず、気軽に挑戦しやすい在宅ワークです。

また、スマホでも気軽に取り組めるため、PCを持っていない方でもご安心ください。

たまったポイントは商品券や現金に交換できます。サイトによっても換金の種類が様々なので、サイトの特徴を理解したうえで取り組むことをおすすめします

うつ病の人が仕事を始めるためにやってみてほしいこと

うつ病を患った方は、この先仕事に復帰できるのか不安に思う方も多いでしょう。そこで、うつ病を患ってしまった方に、まずやっていただきたいことを3つにまとめました。

  1. まずは無理せずしっかり休む
  2. 規則正しい生活をし、太陽の光を浴びる
  3. 周囲の理解を得る

まずは無理せずに、上記の3つを試してみてください。

まずは無理せずしっかり休む

まずは無理せずしっかり休むことが非常に重要です。焦って仕事に復帰しなければと考えるあまり、プレッシャーを感じて病状が悪化する可能性があるからです。

そのため、まずは自分の疲れが取れるまで睡眠やリフレッシュの時間を確保することを一番大切にしてください。

また、ご自身で仕事に取り組めそうだと思っても、仕事をはじめてみたら体調が悪くなってしまう可能性もあります。その場合は無理せずに、ご自身の休息を第一に考えましょう

規則正しい生活をし、太陽の光を浴びる

規則正しい生活を送ることで、睡眠不足や気分の不安定さを改善できる可能性があります。

また、太陽光は身体をリフレッシュしてくれる効果があるため、カーテンを開けて日光を部屋の中に取り入れましょう。

特に、朝の太陽光を浴びると体内時計がリセットされ、集中力が向上すると言われています。

周囲の理解を得る

うつ病の方が仕事を始める場合、周囲の理解を得ることが重要です。

「周囲の人」というのは、家族はもちろんクライアントのことで、ご自身の状況について理解を得られると仕事がしやすくなるでしょう。

例えば、急な体調不良の場合に納期を伸ばしてもらえるなどの対応をしてもらえる可能性があります。もちろん、病状に関してはセンシティブな内容なので、伝えるのが必須というわけではありません。

うつ病に関して理解を得られていたほうが仕事がスムーズに進む場合があるため、伝えられそうな場合は事前に理解してもらっていた方が良いでしょう。

うつ病でも仕事をして大丈夫?

うつ病でも仕事をして大丈夫かどうかは、症状の重さによって個人差がありますが、適切なサポートや治療を受けるのが可能であれば、仕事ができる可能性は十分にあります

病状に関しては、気分が落ちる頻度や自己管理能力が日常生活に支障がない程度であれば仕事をできる状態だと言えるでしょう。

うつ病の方が仕事を始める際は、ストレスを感じやすい仕事ではなく、なるべく自分のペースで無理なくできる仕事を選ぶことが重要です。

うつ病の人を支援する団体を活用してみよう

うつ病でも働いて大丈夫なのか不安に思う方も多いでしょう。実は、うつ病を患った方や、障害を抱える方の就労を支援する団体があります。今回は4つの団体を紹介するので、1人で仕事を探すのが不安な方はぜひ活用してみてください。

うつ病の人を支援する団体
  • ハローワーク
  • 就労移行支援
  • 障害者専用の人材紹介
  • 就労継続支援事業所

それでは、うつ病の人を支援する団体を詳しく見ていきます。

1.ハローワーク

ハローワークでは、一般の方だけでなく、病気や障害のある方を対象とした求人(障害者枠)も紹介してもらえます。

障害者枠の求人は、労働者が無理しないような配慮があったり、雇用保険の適用条件が緩和されたりすることがあります。

さらに、採用までの流れをサポートしてもらえるサービスも存在します。例えば、面接への同行や、お試しで仕事をしてみるなどです。

ハローワークは、うつ病の方にとって働きやすい職場を一緒に見つけられるため、理想の職場環境を探してみることをおすすめします。

2.就労移行支援

就労移行支援は、障がい者総合支援法に基づく福祉サービスの一環です。

障がいのある方が、一般企業での労働に向けた訓練を受け、就職後も職場での定着を促進するサポートが受けられるサービスです。

就労移行支援は、障がい者がスムーズに一般企業に入社し、自立した生活を送ることを目指しています

具体的には、職業訓練やコミュニケーションスキルの向上、業界特有のルールの習得を行います。また、就業後も定期的なフォローがあり、職場環境への順応をサポートします。

3.障害者専用の人材紹介

障害者専用の人材紹介は、障害者の採用を行いたい企業と、障害者を結びつけるサービスです。

昨今、障害者の採用を積極的に進めている企業が増えているため、うつ病の方でも働きやすい企業や仕事を紹介してもらうことができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の作成に関するアドバイスや面接練習、採用後のフォローアップなどもしてもらえるため、ご自身に最適な仕事を見つけられるでしょう

4.就労継続支援事業所

就労継続支援事業所とは、うつ病などで就職が難しい状況にある方をサポートするための福祉サービスです。

企業などで働くのが難しい場合に、一人ひとりの症状や体調に合わせて、自分のペースで働くための就労訓練を行うサービスです。

就労継続支援には、雇用契約を結び利用する「A型」と、雇用契約を結ばずに利用する「B型」の2つのタイプがあります。

A型では雇用契約が結ばれ、一定の条件下で働くことが可能です。一方で、B型では雇用契約が結ばれないため、より柔軟な形態で支援を受けることができます。

就労継続支援は個々の状況や条件に合わせて調整してもらえるため、うつ病の方でも安心して働けるでしょう。

うつ病の人に在宅ワークが向いている理由

うつ病の方に在宅ワークが向いている理由について解説します。全ての方に当てはまるわけではありませんが、在宅ワークが気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.自分のペースで仕事できる

うつ病の方が仕事をするうえで重要なのは、自分のペースで仕事することです。

過度な労働や短い納期を設けられてしまうと、プレッシャーになり、ご自身に負担をかけてしまう可能性があります。

そのためうつ病の方は、リラックスできる環境で適度に休憩を取りながら、自分のペースで仕事できる在宅ワークがおすすめです。

2.誰かの顔色を伺わずに仕事できる

在宅ワークは会社に出社して働くのと違い、上司や同僚などを気にせずに働くことができます

仕事中に誰かに話しかけられることなく、集中的に取り組める点で、うつ病の方に在宅ワークが向いていると言えます。

さらに、職場で仕事をしていると、煩わしい人間関係が生じる場合があります。

在宅ワークの場合は、苦手な人とのコミュニケーションや仕事終わりの飲み会などがなくなるため、仕事以外に関するストレスの軽減が期待されます。

3.自身の体調に合わせて仕事できる

うつ病の方が働くうえで非常に大切なのは、自身の体調に合わせてできる仕事をすることです。

うつ病は完治するまでに時間を要するため、自分で体調がよいと思っても、急に病状が悪化してしまうことがあります。

そのため、うつ病の方には、体調に合わせて柔軟なスケジュールを組める在宅ワークが向いていると言えます。

在宅ワークの欠点はある?

在宅ワークには魅力的な点が非常に多くありますが、デメリットもあるためご注意ください。在宅ワークを始めようと考えている方は、メリット・デメリットどちらも理解したうえで挑戦するかの判断をしましょう

仕事とプライベートの線引きがしにくい

在宅ワークは、仕事の空間とプライベートの空間を分けられないため、仕事とプライベートの線引きがしにくい点がデメリットになります。

また、通勤時間や稼働時間が決まっていないことが多いため、ダラダラと仕事を続けてしまう可能性があります。

中には、休日を設けるのが難しくなるくらい仕事が増える場合もあり、会社に通勤していたときよりも労働時間が長くなる可能性もあるため、注意が必要です。

モチベーションの維持が難しい

在宅ワークは、仕事に対するモチベーションの維持が難しいと言われています。理由は以下のとおりです。

  1. 単調な仕事が多いから
  2. 人との交流がなく、退屈に感じてしまうことがあるから
  3. 適切なフィードバックをもらえないから
  4. 他の人からの刺激がないから

在宅ワークは、1人で黙々と仕事を続けられるメリットがある反面、人に合わないことによって生じるデメリットもあります

自宅で黙々と作業をしていても、途中で飽きてしまったり、やる気が出なかったりする場合があります。

適度に人と関わって仕事をしたい方は、1人でできる単純な作業ではなくコールセンターやカスタマーサポートなど、誰かと話す仕事も向いているかもしれません。

うつ病の方には在宅ワークがおすすめ!自身に合う仕事を見つけよう

うつ病を患った際、仕事に復帰できるか不安を感じる方も多いかもしれません。しかし、在宅ワークなら自分のペースで仕事でき、負担が少ないためうつ病の方におすすめです

Mam Campでは、主婦らしい働き方が無料で学べる情報を公式LINEで配信中。また、在宅副業のお役立ち情報や主婦の働き方について学べるスクールも展開しています。あなたらしい働き方を叶えるために、登録してみませんか。

■主婦らしい働き方が無料で学べる情報を配信!

この記事の筆者
MamCamp
MamCamp
主婦らしい働き方を叶える場所
主婦らしい働き方を叶える場所を目指すキャリアスクールです。公式ラインにて無料の個別カウンセリング実施中。
MamCamp
主婦らしい働き方を叶える場所
MamCamp
主婦らしい働き方を叶える場所
記事URLをコピーしました